Menu

Japan: Capitalism That Works (JAPANESE)

Japan: Capitalism That Works (JAPANESE)

イェスパー・コール氏とGlobalTreehouseは、日本の資本主義モデルを検証する8回シリーズのポッドキャストを製作しました。日本の資本主義モデルは、現在に至るまで好不況に関わらず機能し、個人や社会に広く利益をもたらしてきました。
このシリーズでは、日本の経済・社会システムを成功事例として紹介し、思いもしない展開となっている21世紀社会に対していかに見本となるか紐解いていきます。

第8回: 構造的問題 2021/11/19, 04:13
第8回: 構造的問題

日本について最も楽観的なエコノミストでさえ、日本の資本主義の形態にはまだ脆弱な点があると認識しています。何年にもわたる抜本的な改革を経ても、構造的な問題が残っており、それに対処すれば、より良いガバナンス、より高い透明性、そしてグローバルな成功がもたらされることでしょう。

第7回: 金融社会主義の亡霊 2021/10/07, 02:52
第7回: 金融社会主義の亡霊

日本の金融市場 - 事実か虚構か:実態はどうなっているのか、そして日本にとって問題となり得るのか?この回では、民間企業や個人がリスクを回避する一方で、公共機関が進んで債務を増やす理由をさらに検証すると同時にその代替案とソリューションを考察します。

第6回: イノベーション大国日本 2021/09/24, 04:56
第6回: イノベーション大国日本

このセッションでは、日本のスタートアップ環境と来たるべき起業ブームについて考えます。ベンチャーキャピタルは日本で利益を上げていますし、現在進行中のデジタル/経済変革は、日本への投資やビジネスを行う上でさらなるインセンティブとなるでしょう。

第5回: 世界のスーパーパワーを貯め込む 2021/09/10, 06:05
第5回: 世界のスーパーパワーを貯め込む

何のために貯めるのか? この回では、家計における現金を貯める習慣と、日本企業が抱える巨大バランスシートについて考察します。この超貯蓄という側面は、経済や社会にとって害となるのか、それとも有益なのか。公共機関の過剰債務は、将来、増税という形で経済の足を引っ張ることになるのでしょうか。

第4回: 新・日本株式会社 2021/08/26, 10:51
第4回: 新・日本株式会社

コーポレートガバナンスの観点から、財閥から系列、“フリーエージェント”企業への進化を辿ります。 過当競争の欠如、グローバルな多様化、過剰資本など、多面的な視点から日本企業を考察します。

第3回: 23歳の日本人として生まれ変わりたい 2021/08/12, 10:35
第3回: 23歳の日本人として生まれ変わりたい

急速な高齢化が進む日本で、悲観的な見方としてよく挙げられるのが人口動態についてです。 この回では、労働市場の現実、新中間層の台頭、住宅の値ごろ感などに注目し、人口動態の「スイートスポット」を探ります。 将来を担う次世代の日本人や日本そのものに希望を与える要因について示唆します。

第2回: 日本のエリートとその事例 2021/07/28, 15:49
第2回: 日本のエリートとその事例

このセッションでは、日本を動かしている人々に注目します。 過熱した「バブル」経済からの秩序ある移行をどのように行ったのか、購買力を高めながらデフレを管理するためにどのような実用的なアプローチを適用してきたのか、そしていかに共通の社会資本を作り出してきたのか。

第1回: ジャパン・アズ・ナンバーワン 2021/07/14, 08:44
第1回: ジャパン・アズ・ナンバーワン

概要紹介セッションとして、経済や社会を判断する基準、すなわち 1) 複数の目的のための最適化、2) 機会の平等と結果の平等、3) 均衡と安定がもたらす価値についてを12分で説明しています。